専門学校でワンランクアップも経験を手に入れる

  • 医学部受験における予備校について

    • 現在の日本では大学志願者数よりも定員が多いという大学全入時代を迎えています。

      しかし、その中でも医学部は安定した人気を集めており、依然として競争率の高い戦いになっています。

      別の学部や会社を辞めて受け直したり、何回も浪人してまで受験を重ねる、といった行為も珍しくはありません。医学部受験において予備校の役割は非常に大きく、完全に独学に合格できるのはごく稀なケースだといえるでしょう。


      特に都市部の難易度の高い大学に限れば、独学で合格する人は一割もいません。予備校に行くメリットとしては、勉強のペースメーカーになる、入試に特化した効率的な勉強ができる、精神的な支えとなる、ともに勉強する仲間やライバルができる、等数多く挙げられます。都心の超有名進学校でもない限り、周囲に同じ学部を目指す仲間が多数いるというような状況は少なく、ともに勉強する仲間やライバルの存在は勉強面、精神面、両面において大きな支えとなります。
      しかし、特に医学部受験において重要なメリットとして重要なのは豊富な情報量であるといえます。医学部は日本全国に約80校ありますが、募集定員は平均すると100名前後のことが多く、何百人、何千人と募集することもある他の大学の学部と比べると段違いに小規模であるといえます。例えば私立大学のマンモス校であれば、毎年何百人何千人が合格しており、探そうと思えばその入試情報を得るのはそれほど難しくはないかもしれません。

      しかし、一校あたり100名しか受からない医学部の情報は普通にインターネットや口コミで探すだけでは得ることはなかなか難しいです。


      その上、近年試試験方式は非常に多様化しており、私立大学はもちろん、国立大学においても一般入試のみならずAO入試、推薦入試、地域枠、研究医枠、センター利用、と多くの形態があります。

      これらについて一人の受験生が集められる情報は必然的に限定されてしまうでしょう。

      どの入試方式が良いか、どの大学が良いか、その大学に受かるためにはどんなことに注意して勉強をすればよいか、等を自分で全て自信をもって決めることはたやすくありません。
      長年のデータの蓄積、詳細な分析によって予備校は一校一校に対して豊富な情報をもっています。

      ここでいう情報とは、入試の傾向、入試難易度、面接小論文の対策法、校風、現浪比、併願校、等のことを指しており、これらは全て受験生にとって重要な判断材料となります。

      さて、全国には多種多様なカリキュラム、設備、雰囲気をもった予備校が存在しています。学生寮が併設されている、個別指導が受けられる、合格率が良い、講師が経験豊富である、等それぞれには独自の強みがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

      個人の特性にあった予備校選びのためには、自分でインターネットで調べたり周囲の人に聞くなどをした上で、実際に足を運んで体験授業を受けたり担当者と実際に話をしたり説明を受けたり、といったことが重要です。

















  • 関連リンク

    • 生まれたばかりの赤ちゃんは泣くことでしか自分の感情を訴える事が出来ません。お腹がすいた、オムツが濡れて気持ち悪い、寒い、暑い、のどが渇いた等々、たくさんの気持ちを泣いて表現するのです。...

    • 専門学校はその名の如く専門的なことを学ぶ学校です。様々な理由からそこに通って勉強をしているのです。...