専門学校でワンランクアップも経験を手に入れる

  • 医学部受験を目指す人のための予備校について

    • 医学部の受験は大学入試の中でも最難関の試験です。
      偏差値は非常に高いです。
      しかし、それだけに挑戦のしがいもあるというものです。

      医師という職業は、この不安定な世の中にあって、将来性もあり、数少ない安定した収入が得られる職業です。



      社会的地位も高く、健康と意欲が続く限り生涯現役でいられる仕事です。また、高齢化社会において、ますますそのニーズの高まっている仕事ともいえます。

      それだけに、医学部は競争率の高い難関試験の一つです。
      そこを目指して、中学校、高等学校から医学部入学を目指して勉学に励む人は多いでしょう。



      しかし、自学自習と学校の授業だけで医学部を受験し、合格を勝ち取ることは、なかなか容易なことではありません。

      確実に合格するためには、早い段階から受験を意識することが大切です。



      国立大学を受ける場合には、理系科目だけでなく、センター試験を見据えて文系科目への目配りも必要です。


      私立大学は、国立大学よりも科目数は少ないものの、高い水準の学力が求められます。

      まずは基礎を重視して、基本事項を漏れがないように学習していきます。



      ある程度基礎が固まったら、少しずつ応用的な問題に取り組むようにしていきます。



      あくまでも基礎を踏まえた上での応用力であって、どれだけ基礎学力が着実に身についているかが、その後の応用力の伸長に大きな影響を及ぼします。そうした受験に向けての学習に取り組む中で、一番のネックになるのが、時間の制約です。受験の準備のための時間は無限にあるわけではありません。大学入試とは、ある意味では時間との闘いともいうべきものでもあるのです。
      効率的に学習を進め、合格圏にいたるだけの高い水準の学力を身につけなくてはなりません。

      そうした中で強い味方となるのが、予備校の存在です。
      予備校を活用して、着実かつ効率的に学力を高めていくことが合格への最短ルートになります。



      こうしたところで学習を進めていくメリットの一つには、体系化されたカリキュラムがあるということです。



      自学自習の場合には、あれもこれもと手を出してしまい、結局は非効率で遠回りな勉強になってしまいがちです。

      また、疑問点が生じても即座に解決することができません。



      こうした点からも、体系的なカリキュラムと、質問に即座に答えてくれるシステムが整っている予備校は大きな魅力です。基礎から学び始めて、段階的に学力を向上させていくという点においてもメリットがあります。また、一人で学習をするのではなく、予備校で多くの仲間たちと切磋琢磨することによって、大学入試に対するモチベーションも高まりますし、わからないところをお互いに教えあうこともできます。
      目標を同じくする仲間たちとの出会いによって、連帯感が生まれ、ややもすれば抱きがちな孤独感や不安感を緩和することもできるでしょう。
      効率的な学習、疑問点に対するフォロー、ともに頑張る仲間たちとの出会いなど、予備校で学ぶことのメリットは非常に多いです。

  • 関連リンク

    • 小学校や中学校でいじめにあったり、勉強についていけなくなったことがきっかけで不登校になってしまうと、そのまま社会復帰ができずに引きこもりになってしまうことがあります。社会人になってから仕事や人間関係で失敗して引きこもりになってしまう人もいますが、小学校や中学校、高校から家の中に閉じこもっている人の方が社会復帰が難しいというデータがあります。...

    • 現在の日本では大学志願者数よりも定員が多いという大学全入時代を迎えています。しかし、その中でも医学部は安定した人気を集めており、依然として競争率の高い戦いになっています。...