専門学校でワンランクアップも経験を手に入れる

  • 保育園と幼稚園、選定こども園の違いと問題点について

    • 保育園とは0歳から小学校入学前の乳児・幼児の「保育」を行う場で、保育士が行うものとされています。


      0歳から3歳未満の乳児に関しては「保育」と「教育」が一体となって行われることになっています。

      西川口周辺の保育園サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

      幼稚園とは3歳以上小学校入学以前の幼児に対して幼稚園教諭免許をもつ教諭によって「教育」が行われる場とされています。



      認定こども園は、2006年10月からスタートした制度で、「幼保一元化」を目指し両者の制度を残した上で幼保一体的な運営をする総合施設のことです。

      0〜2歳児については、保育士資格保有者が、3〜5歳児については、幼稚園教諭免許と保育士資格を両方持つ者が対応することを理想としています。



      原則として学級担任には幼稚園教諭免許の保有者、長時間利用児への対応については保育士資格の保有者が当たることになっており、片方の資格しか持っていない者を排除しないよう配慮するものとされています。認定こども園はスタートしたばかりで過渡期であることから、もともとが幼稚園だったのか保育園だったのかなどによって、4つのタイプに分類されています。



      幼稚園型、保育所型、幼保連携型(幼稚園と保育所の施設や設備が一体的に設置されている場合)、地方裁量型です。



      認定こども園は2015年に制度の変更がなされ、それまで入所の申し込みは各園に任されていたのですが、変更後は自治体に申し込み自治体が入所の可否を判断することになりました。
      目的は、資格の精査を厳しくすることによって本当に入所が必要な人を優先的に選ぶこと、全体に公平感を持たせることにあったのです。

      ところがこの変更によってフルタイムで働いていない場合優先度が低下してしまい、働いていなくても預けたい事情のある多くの親御さんの子供たちが行き場をなくす結果になりました。

      これまで園が自由に判断して融通していたことが不可能になり、地域によっては悩んだ園が認定を返上してもとの幼稚園にもどる選択をする事態が急増しました。

      http://smany.jp/7511

      さらにこれまで認定こども園には、幼稚園と保育園に対する国からの補助金が両方支給されていましたが、変更に伴い一化されたため大多数の園で減収となり経営状態が悪化し、返上に拍車をかける事態になっています。
      消費税の値上げによる財源の確保により保育士らへの待遇改善も予定されていましたが、増税は先送りとなりました。

      保育士幼稚園教諭の待遇の改善は少しずつ進んでいるとは言え、労働量や負う責任の重さに比べあまりにも低賃金と言わざるを得ません。

      https://matome.naver.jp/odai/2142649795178483001

      都市部の保育士の不足や待機児童問題はいまだ解消されておらず、乳幼児の保育・教育をめぐる環境は厳しさを増しています。

      経済的な待遇の改善にとどまらず、親御さんなどからのクレーム等から保育士らを守るなんらかの態勢づくりも必要になることでしょう。


      子供を育てる仕事を軽視する風潮とくに男性の意識を変革していく必要もあります。



      保育園と幼稚園をめぐる問題は未来の日本を支える土台づくりに直結しているという意識を持ちたいものです。

  • 関連リンク

    • 生まれたばかりの赤ちゃんは泣くことでしか自分の感情を訴える事が出来ません。お腹がすいた、オムツが濡れて気持ち悪い、寒い、暑い、のどが渇いた等々、たくさんの気持ちを泣いて表現するのです。...

    • 現在の日本では大学志願者数よりも定員が多いという大学全入時代を迎えています。しかし、その中でも医学部は安定した人気を集めており、依然として競争率の高い戦いになっています。...